首イボ治療カルテ|首イボ除去クリームで、つるすべのデコルテ美人に♡

首イボの原因は何?塗るだけの簡単なホームケアでデコルテ美人を目指そう!

美容コラム

老人性イボを皮膚科で治療。方法と保険適用の有無、料金を調べてみました

投稿日:

首や顔などできてしまう目立つ老人性イボの治療を皮膚科で行った場合、ハサミで切除する方法、液体窒素でイボを凍結させる凍結療法、炭酸ガスレーザーで切除する方法の3種類が主な治療の選択肢となります。

ハサミで切除する方法

ハサミで切除する方法は、原始的ながらも昔から行われてきた治療法で、ほぼ全ての皮膚科で保険適用で受けることが可能で、料金の相場は1500円~5000円程度と他の二つの方法と比べてもっとも安価となっています。
この方法のメリットは、イボの周りの皮膚を傷つけることなくイボだけをとることができるため、跡が残らず、切除後は綺麗な肌になるという点です。
ただし、老人性イボの中でも突起性のイボのみにしか出来ない方法ですので、平たいイボの場合は別の方法を選択する必要があります。

液体窒素による凍結療法

次に突起性のイボだけではなく、平たいイボにも行うことができる方法として挙げられるのが凍結療法です。
液体窒素でイボの細胞を完全に壊死させることで、かさぶたのように自然に取れるのが特徴で、こちらもほとんどの皮膚科で保険適用で受けられる治療となっており、相場は1回あたり1000円程度となっています。
ただし、ハサミでの切除と違って、1回ではイボを取りきることができないため、複数回通う必要があり、その分料金が加算されることとなります。

炭酸ガスレーザーで切除する方法

最後は炭酸ガスレーザーを使ってイボ内部の水分を蒸発させることで切除するという方法です。
レーザー照射の際には局所麻酔が行われますので、痛みを感じることなく、短期間で綺麗な肌を手に入れることができるというメリットがあります。
ただし、この方法は保険適用外となりますので、料金相場は1回あたり3000円~5000円程度と、他の二つと比べると若干高くなっています。
またどこの皮膚科でも受けられる治療というわけではなく、主に美容皮膚科や美容外科で行われていることが多いため、この方法での治療を望む場合は、事前に治療が行われているのかどうかの確認が必要です。

家でもできる首イボのケアがあるんです

以上、皮膚科での治療方法をご紹介しましたが、老人性イボに関しては皮膚科に行かなくても、自宅で化粧品を使ってケアする方法があるんです。
こちらのページで詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

お手入れ忘れがちなデコルテや首筋のケアも大事。年齢を感じさせないコツは首筋にあるって知ってましたか?

-美容コラム

Copyright© 首イボ治療カルテ|首イボ除去クリームで、つるすべのデコルテ美人に♡ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.