美容コラム

ハトムギ茶はイボに効く?有効成分と飲み方を調べてみました

更新日:

ハトムギ茶とイボの関係

ハトムギはイネ科の穀物で、タンパク質が豊富でコイクセラノイドという有効成分が含有されています。コイクセラノイドはハトムギに特有の有効成分で、腫瘍抑制作用があります。腫瘍抑制作用とは腫瘍ができるのを抑制する作用のことですが、イボの発症を防ぐ働きも得られます。

ハトムギとヨクイニン

ハトムギはイボに効くと言われており、イボの治療にハトムギ由来のヨクイニンという漢方薬が使われるケースがあります。
イボのケアを目的とした化粧品にもヨクイニンが含まれています。

ハトムギ茶を飲むことによってもイボの解消につながる場合があります。
ただし、ハトムギ茶は薬ではないので、絶対確実にイボが治るというわけではありません。

ハトムギ茶の選び方

ハトムギ茶の効果的な飲み方として、茶葉の選び方が大事になってきます。値段が安いものはブレンド茶であることが多く、ブレンド茶だとイボの改善に十分な効果は期待できません。茶葉を購入する際には、値段が高くてもハトムギが100%のものを選ぶようにします。

ハトムギ茶の煮出し方

効果を高めるためのポイントは、茶葉の選定と共に煮出し方がとても大事になってきます。煮出し方のポイントはできるだけ濃く煮出すことであり、濃く煮出すほど有効成分のコイクセラノイドが大量に抽出されるため、より優れた効能が期待できるようになります。

ただし、濃いめに煮出すと苦い味になってしまうため、初めて飲む時には抵抗を感じる場合があります。苦くて飲みにくい場合には、最初は薄く煮出したお茶を飲むようにして、味に慣れてきたら徐々に濃く煮出すようにします。そうすることで、だんだんと濃いお茶でも平気で飲めるようになってきます。

いつ飲むのがいい?

濃く煮出したお茶を飲むタイミングは空腹時が良く、食中や食後に飲むのはあまり良くありません。食事をする際には麦茶やウーロン茶などの他の種類のお茶やブレンド茶を飲み、空腹時に純度100%のハトムギ茶を飲むようにすると効能が高まります。お茶を飲む時の注意点として大量に飲むと体が冷えてしまうため、1杯目を飲んだ後は最低でも30分以上経ってから2杯目を飲むようにします。

ハトムギの有効成分が入った化粧品で、イボのケアができるんです

以上、ハトムギ茶の効能について調べてみました。

こちらのページでは、ハトムギ由来のヨクイニンが入ったイボケアの化粧品を紹介しているので、ぜひご覧ください。

-美容コラム

Copyright© 首イボ治療カルテ|首イボ除去クリームで、つるすべのデコルテ美人に♡ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.